四柱推命「基本のお話」(^-^)

四柱推命において、生年月日時の

 

生まれた日の「干」(かん)は、

 

自身であります(“⌒∇⌒”)

 

「甲・乙・丙・丁・戊

・己・庚・辛・壬・癸」

 

の「十干」の何れかに属します(^-^

 

その生まれた日の「干」をもとに

 

「推命」していくのであります!

 

そして、次に重要なのが…

 

「生まれた月」であります(^ー^)

「生まれた月」は10年毎に変わる

 

「大運」(たいうん)を出す為にも

 

使用いたします(^_^;)))

 

しかし、少しめんどくさい所があり

 

上記の平成30年4月は「丙辰月」

 

なのでありますが…4月4日に、

 

生まれたならば…生まれた月は、

 

3月の「乙卯月」になるのです?

 

各月に「節入り日」と言うものが

 

ありまして…その節入り日を過ぎて

 

新しい月に変わるのであります(^-^

 

その部分を間違えてしまうと…

 

鑑定するときに、運勢を…

 

読み違えてしまいます(´・ω・`)

 

とても大切でありますから、

 

自身などで、観る場合には…

 

気を付けなければなりません。

 

そして…そのつぎに大切な所は、

 

年の干支であります(^ー^)

 

こちらは…大体は大丈夫ですが、

 

1月1日から2月3日あるいは

 

2月4日の間に生まれた人は、

 

前の年の「年干支」なのです!

 

「立春」を以て新しい年🎵

 

なのであります(“⌒∇⌒”)

 

四柱推命をする上では…

 

基本中の基本であります(^ー^)