「四柱推命」日干と官星…(?_?)

丙日生れ(ひのえびうまれ)の

 

官星は、水行であります

 

「壬」(みずのえ)と、

 

「癸」(みずのと)であります。

 

丙は、太陽でありまして…

 

丙日夏月生れの人にとって、

 

官星の水は、喜神であります!

(勿論色々な条件はありますが)

 

特に「壬」と「丙」の相性は…

 

とても良い相性であります(*^^*)

 

「丙」の太陽が「壬」の湖面に

 

きらきら輝いて、とても良い

 

風景であります(*^-^*)

 

「壬」の官星は…

 

男命ならば、仕事などの星

 

女命ならば、仕事もですが…

 

男性の意味もございます(^ー^)

 

官星が喜神=良い仕事、

 

良い男性、良い結婚相手などの

 

意味にとらえられます(^_^)

 

勿論、その官星が天干地支に

 

あることが大切ですが…f(^^;

 

逆に官星が沢山ありすぎると…

 

丙日夏月生れの命式であっても、

 

官星は悪神になってしまいます。

 

その場合は…

 

官星が悪神=良くない仕事とか、

 

環境のよろしくない仕事とか、

 

仕事の選択肢が沢山ありすぎて、

 

あれもこれもと…結局良い仕事に

 

巡り会えないなど…

 

女命ならば…男性が沢山現れて

 

決められないとか場合によっては

 

沢山の男性を渡り歩いてしまい…

 

最後には悪い男性を掴んでしまう

 

などの可能性が…あります(*_*)

 

これは、日干「丙」夏月生れの

 

例ですが、その他の日干の性質や

 

官星の性質によって、違います。

 

勿論、官星だけではなく…

 

食傷や財星や印星と日干の

 

関係性も、踏まえて判断します。

 

「四柱推命」は…

 

とても奥の深い占いであります。

 

少し専門的なお話でした_(^^;)ゞ