こぼれ話2…「刀巴心青より」

前回の、こぼれ話「筆のお話」

 

致しましたよねo(^o^)o

 

この「こぼれ話」の内容は…

 

人相学の大家であります、

 

「八木喜三朗」と言う方が

 

昭和38年頃に、神戸のある

 

邸宅で行われました…

 

「刀巴心青」(とうはしんせい)

 

と言います、「裏人相学」の

 

講義が行われ、その講義後に

 

お話されていた「こぼれ話」を

 

講義を受けられていた生徒さんが

 

記録していた文献であります‼️

今回のこぼれ話は…

 

「気血色」(きけっしょく)

 

と言います、ものについてです!

 

「気血色」とは、顔などに

 

あらわれるものであります(?_?)

 

今では、この「気血色」をみる

 

名人は…いないそうですf(^^;

 

その背景には、女性が化粧を

 

ほとんどの人がするので…

 

観れなくなったこともあるかも

 

ですが、この「刀巴心青」の

 

講義をされていた「八木喜三朗」

 

先生は、「気血色」の名人だった

 

そうであります(*^-^*)

 

「こぼれ話」の内容は…

 

二回目の講義が終わって、

 

ある生徒さんが「八木先生」に…

 

「僕の顔に何か出てませんか?」

「左の観骨に気血色が通って…」

 

「今朝事件がありました。」

「先生当てて見てください!」と

 

八木先生は…

「盗難でしょう。」

「物を取られたんでしょう。」と

 

生徒さんが…

「その通りです…先生…」

「今朝の二時に盗っ人が入って」

「電気ミシンを盗られました。」

「先生…このミシンは…」

「出てくるでしょうか?」と…

 

八木先生は…

「この盗っ人は…1人ではない」

「このような気血色の出方は…」

「数人の仕業ですね…。」

「盗られたミシンは…」

「事件が終わっているのに…」

「気血色が現れているのでは…」

「戻りません。」

「事件が終わったて、気血色が」

「消えていくなら戻ります。」

「品物の戻るか戻らないかは…」

「気血色の濃淡によって決まります」と…

 

このような内容の

「こぼれ話」でありました(^^)

 

十傳スクールでも…

 

よく「こぼれ話」が出てきます‼️

 

また、どこかでお話しますね🎵