「四柱推命」基礎の後の十干の関係性(^○^)

「四柱推命」の十干の関係性は、

 

とても大切であります(*^^*)

 

「四柱推命」の基礎を習う時は

 

十干の関係性よりも五行の関係性

 

を、重視して習います(?_?)

 

十干には、「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」と…

 

ありますが、五行は「木、火、土、金、水」ですよね(^ー^)

 

「甲、乙」は…木行

「丙、丁」は…火行

「戊、己」は…土行

「庚、辛」は…金行

「壬、癸」は…水行

 

と…基礎を習う時には、

 

わかりやすいように習います!

 

そして、その五行の関係性で、

 

強くなったり、弱くなったり、

 

助けたり、助けられたり…

 

などを見ながら鑑定しますf(^^;

 

しかしながら…それだけでは、

 

間違った鑑定になってしまいます

 

やはり、「十干の性質」を、

 

きちんと理解をして…

 

本当に強くなっているのか?

 

本当に助けられているのか?

 

本当にパワーを出しているのか?

 

などをきちんと見ていかなければ

 

なりません( ̄▽ ̄;

 

そのためには「十干鑑法」

 

(じゅっかんかんぽう)と言う

 

ものを、知ってないと…

 

「四柱推命」を推命することが

 

できないように思いますf(^^;

 

いきなり、この事を習うと…

 

頭が混乱してしまいますf(^_^)

 

基礎をきちんと理解をしてから、

 

勉強することが「四柱推命」を

 

習うのには必要だと思います(^o^)