「中国医学」~春の眠気…(?_?)~

ゴールデンウィークに突入…

 

どのような予定ですかf(^^;

 

変わらずお仕事の人…

 

お出かけで…交通渋滞に…巻き込まれている人…

 

実家に帰ってのんびりする人…

 

異国の地を訪れている人…

 

様々ですが…

 

春は「ボーっと」頭の中が、

 

なったりして、眠気が…

 

襲ってきませんか( ̄▽ ̄;)❓

 

「なぜ春に眠気が強くなるのか⁉️」について…

「中国医学」からのお話です‼️

(いつも眠気がある人もいますが…f(^^;)

春は、寒い冬を乗り越えた為に、身体の中にある大量の「陽気」が消耗されているため。

 

冬に大量の「陽気」を消耗している時期なのに、考え事が多かったり、夜更かしなどで脳を使いすぎると、更に「陽気」が消耗してしまい疲労感や、倦怠感を感じやすくなります( ̄▽ ̄;)

 

 

ではどのように眠気を抑えるか?

 

それは、「肝臓」の「陽気」を取り入れてバランスを取ることです‼️

 

バランスを取るためには、

 

*早寝早起きが大切です(僕はできていませんけど・・)

一日、7時間~8時間で理想的な睡眠時刻は21時~5時です。

 

*外に出かけて春の「陽気」をたくさん吸収すること。

 

*「陽気」を強くする食事をすることです。

 

以上のようなことが大切なのですが、その中で「陽気を強くする食事」は、以前このブログでも少しお話ししたような記憶があります(^-^)

「ニラ」などの緑の葉っぱ類です(*^^*)

 

その他にも「五行」から考える食事も「中国医学」は大切であります(^-^)

 

「肝臓」は「木行」です。

 

「五禽」(ごきん)でみますと・・・「木行」は「鹿」

「五畜」(ごちく)でみますと・・・「木行」は「鶏」

「五味」(ごみ)でみますと・・・「木行」は「酸」=「酢」

 

鹿の肉や、鶏の肉なども「肝臓の陽気」を強くするには、良いと思います(*^^*)

 

「酢の物」も良いと思います(*^^*)

 

「眠気」を抑えるためには「肝臓」が密接に関係があるので、

 

上記の3つのうち・・・最低でも一つぐらいは、

 

気にかけましょうね!(^^)!