「四柱推命…干の関係」(*^_^*)

本日は…「四柱推命の干の関係」について少し…

 

生年月日時などの命式の、

 

各柱の初めの漢字の部分を「干」

(かん)と言います!!

 

例えば…

年      庚  戌

月      丙  子

日      甲  寅

時      癸  卯

 

だったとします(^^;

 

上記の…

年の「庚」

月の「丙」

日の「甲」

時の「癸」

の部分を…「干」と言います!!

 

今日は、「干」(かん)の部分にクローズアップしてみます♪

 

日の「甲」(きのえ)が自分です!!

 

「甲」は、大木です\(^o^)/

 

大木には、何が必要…?

 

太陽と土とお水ですよね♪

 

この命式の中で…太陽は「丙」です\(^o^)/

 

お水は、「癸」です\(^o^)/

 

土は…年の「庚」の下に「戌」(いぬ)がありまして、

 

「戌」の中に土があります♪

 

冬の季節で…少しお水の力が、

 

強いですが…大運は別として…

 

良い命式のように思います(^^;

 

今日は、そんなことじゃなくて…

 

冬の季節の大木は…

 

何よりも大切なものは…と考えたときに、

 

一番は、やはりぬくもりである

 

「丙」の太陽なんです(*^_^*)

 

「癸」のお水は…?

 

上の例であれば…要らないぐらいです(@_@;)

 

その事については…またどこかでお話すると致しまして…

 

この命式の「丙」が月にありますね♪

 

本来…少し前のブログで書いた

 

「通変星」(つうへんせい)での関係で見ると…

 

「甲」は木。「丙」は火。

 

五行の関係性で説明すると…

 

「木生火」木は火を生む…ですよね(^^;

 

でも、よく考えてください…

 

大木は…太陽を生み出しますか!?

 

おかしいですよね…

 

自然の道理を考えたときに…

 

逆だと思いませんか…(?_?)

 

太陽が大木を育んでいませんか!?

 

今回の「干の関係」は…

 

ここの所なんですo(^o^)o

 

「丙」の太陽は…

 

上記の命式にあるので…

 

一番欲しいものが、命式にあるのは…

 

本当に恵まれています♪

 

四柱推命は、五行だけや通変星だけではなく、

 

このような「干」の関係も…

 

すごく重要なんですよ(*^_^*)

 

少し…しゃべりすぎましたね…

 

四柱推命の基礎やスクールの初等科あたりでは…

 

ここまで語りません(@_@;)

(十傳スクールでは、語りますが(^^;)

 

ごちゃごちゃになってしまうから…f(^_^)

 

解ってくると…面白いですよ♪