「断易」(だんえき)の勉強♪

昔の名人の人達が残した…

「師弟問答」(していもんどう)

と言うものがありまして…

勉強をしていました(^^;

 

そんな中に…このような占例がありまして…

 

それを…十傳先生に教えていただいた内容を付け加えて…

 

深く…自分なりに…

 

解釈してみました(*^^*)

DSC_0120

上記の占例では、結果は…騙されて…困窮している…まででした。

 

では、なぜ騙されて…困窮しているまでに…至ったのか…?

DSC_0121

この占いでは、一番上が男性で、下から三番目が、女性であります。

 

下から三番目の女性に、

「六獣」(りくじゅう)を付けてみますと…青龍です。

これは、どのような女性かと言いますと…

「ド」が付くぐらいの…真面目すぎる女性であります(^^;

 

では、一番上の男性に…

「六獣」(りくじゅう)を付けてみますと…騰田(とうだ。馬ではなく虫です。)

これは?どのような男性かと言いますと…

ずるい男性、嘘つき男性など解釈いたします。

 

この男性は、おそらく…未亡人の女性をあの手この手で、アプローチしたように思います(^^;

 

もしかすると…この男性は、妻子もちかも知れません( ̄□ ̄;)!!

 

女性は、この男性と…関係を持って…この先…と思い…占いに来たのでしょう(@_@;)

 

しかしながら…写真の一番上の男性が、動いて…卯の官鬼を出しています。

 

これは、本にも書いてあるとおり…悪い心を起こす人。

 

もうひとつ付け加えると…

それにより、男性が行動して…この女性に対して…わずらわしいことが起こる象意です(T_T)

 

おそらく…お金のことでしょう。

 

先日は、このように…名人の人達が残した、占例などを…付け加えてみたり、していました(*^^*)

 

なかなか…オタクな…1日でありました(^○^)