「断易初等科♪」アシスタント(*^^*)

今回の四回目の「断易初等科」アシスタント(*^^*)は…

 

「断易入門編」(だんえきにゅうもんへん)の残りわずかと…

「断易講義草案」(だんえきこうぎそうあん)と言います…

本格的な内容に入ってまいりましたo(^o^)o

 

入門編では、東洋の占いの…「暦」(こよみ)の見方や、「断易」の基本の部分を勉強していきました(*≧∀≦*)

占いの勉強を、初めてする…生徒さんもいましたので、丁寧に…「暦」(こよみ)の解説をしていました(^○^)

「断易」(だんえき)にとって、「暦」(こよみ)は、占う上で…重要な役割なんです(*^^*)

特に、月の変わり目や、日にちの変わり目などは…「いつからが変わり目なのか!?」

そこの部分を丁寧に解説をしていました(*≧∀≦*)

東洋の占いを勉強している人には、当たり前の事なんですが…初めて東洋の占いを勉強する人には、疑問だらけでしたが…一つ一つ丁寧に解説して、納得されていました\(^o^)/

 

そして、残りの「断易入門編」が終わり…「断易講義草案」(断易講義草案)へ♪

先ほど…お話した…「暦」(こよみ)と、断易で占った「卦」(け)の関係で…「どのように見ていくのか!?」

本格的に講義が始まっていきました(*^^*)

この「断易講義草案」(だんえきこうぎそうあん)は、小野十傳先生の師である、鷲尾明蘊(わしおめいうん)先生の師匠の横倉弘明(よこくらひろあき)先生が…菊地流のもとである、菊地靖典(きくちせいてん)先生の講義をもとにつくった資料を、鷲尾先生が解説を書き入れて…難解な部分を十傳先生が解りやすく解説している…資料であります(@_@;)

 

名人の人達が…手を加えてできた…すごい資料なんですよ(*^^*)

 

その資料を10ページ位やったところで…時間になってしまいました(T_T)

 

来月からも…奥深くに入って…「断易」(だんえき)の心臓部分に入っていくのでありました(^○^)

 

講義後は…十傳先生は、前日に「四柱推命初等科」の講義で…お疲れのことだったので、お酒の飲める数人で…近くの居酒屋さんで、飲んで…名古屋へと帰りましたo(^o^)o

 

「断易初等科」の生徒さんは、僕が習っていた時より…はるかに覚える事が、早いです(@_@;)

生徒さんに負けないように…僕も頑張って勉強しないと…(@_@;)