「奇門遁甲」(きもんとんこう)の歴史(*^_^*)

「奇門遁甲」(きもんとんこう)は、

 

古代中国で生まれた方位術と言われております(^^♪

 

占いではなくて・・・

DSC_1625-1

兵法(へいほう)の一つとして戦争などに使用されていたそうです(^-^;

 

伝説によれば、周(しゅう)の時代の軍師であった

太公望呂尚(たいこうぼう・りょしょう)や、

三国志(さんごくし)の時代に活躍した、

諸葛亮孔明(しょかつりょう・こうめい)などが、

この占術(せんじゅつ)を用いて・・・

自軍を勝利に導いたと言われております(^.^)/~~~

 

この方位術が日本に伝わったのは・・・飛鳥時代と言われております!

 

「日本書紀」には、第40代・天武天皇(てんむてんのう)が、

「奇門遁甲」(きもんとんこう)を用いて”壬申(じんしん)の乱”(672年)

の行方を自ら占ったという意味のことが記されているそうです(*^_^*)

飛鳥時代以後の日本で、「奇門遁甲」(きもんとんこう)が

どのように用いられたか、詳しいことは・・なぞのようです(^-^;

 

一部の占術師(せんじゅつし)のみが、

一子相伝(いっしそうでん)によって

秘密裏に継承(けいしょう)していったのかもです・・(?_?)

 

しかし・・僕の師である”小野十傳(おのとでん)先生”が

調べたところによりますと・・

 

日本史上では、「奇門遁甲」(きもんとんこう)によって・・

大きな決断が下されたとしか考えられない事件が

何度か起こっているそうです!(^^)!

 

その一つが・・「平安京遷都」(へいあんきょうせんと)だそうです!

784年、第50代・桓武天皇(かんむてんのう)は、

都を平城京(へいじょうきょう)から

長岡京(ながおかきょう)に遷(うつ)した(*^_^*)

 

ところが・・それからわずか10年後の794年に、

突如として「平安京遷都」(へいあんきょうせんと)を・・

断行したそうです(^-^;

 

では・・いったいなぜ、10年という短い間に2度も

「遷都」(せんと)をしなければならなかったのか(。´・ω・)?

 

これは、日本史上の大きな謎とされています!

 

この謎をめぐって、水陸交通の便説、

渡来人である秦氏(はたし)の財力説、

仏教勢力の切り離し説、

さらには怨霊説などが、取りざたされているが、

どれもいまひとつ説得力に欠けるそうです(^-^;

 

ところが・・十傳(とでん)先生が「奇門遁甲」(きもんとんこう)で解くと・・

ピタリと回答が導きだされました(*^_^*)

 

この内容の詳細は・・・学研から出版しています

”小野十傳(おのとでん)先生”の

「奇門遁甲術入門」(きもんとんこうじゅつにゅうもん)

に細かく記載されていますので、

ぜひ興味のある方はみてくださいね(^^♪

DSC_1010-1

簡単な説明ですが・・「奇門遁甲」(きもんとんこう)には、

このような歴史があるんですよ(^.^)/~~~