「中国医学講座」・・・肝経絡(かんけいらく)(*^_^*)

本日は・・・肝経絡について少し・・・(^^♪

 

中国の2000年以上昔の医学書に・・・

 

人間の身体は「国」、心臓は「君主」、肝臓は「将軍」に例えられ、

 

「将軍」肝は、「君主」心臓を守る(/・ω・)/

 

肝で血をきれいにして、心臓に血を送り守る考え方なんだそうです!

 

「肝」は大切な役割をしているのですが、

 

ある「感情」が・・・「肝」を傷めるそうなんです(>_<)

 

それは・・・「怒り」なんだそうです(◎_◎;)

 

この「怒り」と言う「感情」は「肝」にとって・・・「毒」に匹敵するそうです。

 

なので、怒らないようにすることが、大切です(^-^;

 

しかしながら、なかなか難しいですよね(>_<)

 

では、どうしたらいいのか(。´・ω・)?

 

怒りをおさめる為には・・・「泣く」(悲しみ)。

 

の「感情」が大切なんだそうです(^-^;

 

なぜなのか?それは・・・

 

「肝」は木行・・・志は怒り。

 

「肺」は金行・・・志は悲しみ。

 

五行関係で「金剋木」(きんこくもく)と言う関係があります!(^^)!

DSC_0928-2

 

悲しみである「金」は、怒りである「木」を剋す(おさえる意)。

 

怒りの「感情」がある時は、泣くことによって、

 

身体の臓器のバランスをととのえるそうなんです!(^^)!

 

なので、怒りと言う「感情」が出たときには、

 

思いっきり・・・泣くことが良いんですよヽ(^o^)丿

 

*特に女性の方は・・・常に「怒り」の「感情」は気をつけましょう!

 

「肝経絡」(かんけいらく)は、両脇を流れ乳房を通るため、

 

「怒り」の状態がいつものようにあると・・・

 

「乳がん」になる恐れもあるので、気をつけましょうね(^-^;

 

いつも、笑顔で(*^_^*)!

 

怒りが出てきたら・・・泣いて、バランスをとりましょうね(^.^)/~~~