「四柱推命」六十干支⑧辛未

2016年6月25日

本日の六十干支は・・・

 

⑧「辛未」(かのとひつじ)です(*^_^*)

 

”晩夏の大地に埋もれた宝石”

DSC_1323-1

 

 

 

この辛未日生まれの人は・・・

 

「光る才能を内に秘めた、いぶし銀のような人です。」

 

「辛」はキラキラと輝く宝石を表し、「未」は晩夏の大地を表します。

 

本質は光るものを持ちながらも、決してひけらかさない謙虚さがあります。

 

しかし、「辛未」の人は自分を制するだけではなく、

 

高い知性で物事を変革しようとする気概にあふれてもいます!

 

内面は行動的で愛情に満ちているのですが、それを内に秘めるのが「辛未」。

 

いぶし銀の魅力をもつ”干支”と言えるでしょう(*^_^*)

 

 

人の面倒を見たり、厄介事を引き受けたりするなど、

 

人のために奉仕する人生となりやすいです(^-^;

 

しかし、本人はそれを決して嫌なこととは思わないでしょう!

 

人への奉仕が人生後半になって大きく実り、中年以降に運勢を伸ばす原動力になるでしょう!

 

そうすれば、財運にも恵まれるでしょう!(^^)!

 

「辛」は土に埋もれた宝石なので、洗い流す水の「壬」が欲しいです。

 

「辛」にとって「壬」は”表現”の象意です!

 

控えめな「辛未」の人は言葉での表現は苦手でしょうから、

 

絵を描いたり、文章を書いたりなどすると良いでしょう!(^^)!

 

 

男性は・・・

忍耐強い。独自の人生観を持つ。

 

いつも低姿勢に構えている。観察力が鋭い。

 

知恵袋的な存在。

 

策士に見られるが腹には何もない。

 

女性は・・・

可愛い控えめな、おとなしい人。

 

マイペース。偏った考えをしやすい人。

 

家事などは・・少し苦手かもしれません。

 

女性は、子供を産むことが・・開運の助けになるでしょう!