「奇門遁甲」天盤と地盤

2016年6月25日

「奇門遁甲」とはどんな占いなのかは、前にブログに書かせて頂きましたね!!

 

 

今回は…天盤と地盤の「配合」について…少し…。

DSC_1172-2

 

 

「奇門遁甲」は、普段の生活や旅行や引っ越し等のときに

その方位が吉方位なのか凶方位を知る方位学であります。

(他にもありますが…今回は割愛させて頂きます。)

 

 

その行動する方位に(天盤と地盤)、(九星と八門)、(九宮と八神)の配合が、ございます。

 

 

この三つの「配合」によって、行動した方位の吉方位なのか凶方位なのかが、決まります。

 

 

その三つの配合の中で、最も重要なのが「天盤と地盤」であります。

 

 

この「天盤と地盤」の配合が、どんな作用が起こるのかの主体になるものであるんですよ。

 

 

なので、天盤と地盤の配合が「良い配合」でないと、「凶方位」になってしまいます。

 

 

それだけ、「天盤と地盤」の配合は大切になります!

 

こんな方位がございます。

DSC_1172-1

「天盤・己、地盤・己」(てんばん・つちのと、ちばん・つちのと)の方位です。

 

”為  伏吟軟弱  百事不遂  病者必死”

(ふくぎんなんじゃく、ひゃくじふつい、びょうじゃひっしとなす。)とあります。

 

 

意味は「泥と泥が重なり、ぬかるみができる象である。

 

精神的に軟弱になり、頭は色事のことでいっぱい・・。

 

肉体的にも病弱になる暗示の方位。

 

色欲に溺れ、集中力が欠落して、

 

あらゆる面で悪さが出てしまう方位。」とされています。

 

 

どのような現象が起こるのかと言いますと・・

 

悪いことが続くことや、悪いことが重なって起こるなどの現象。

 

あとは、病気の方位とも言われています。

 

胃腸などの内臓系の病気になったり、女性であれば婦人病なども注意が必要な方位です。

 

 

特にこの方位は、引っ越しなどは絶対にダメな方位です。

 

 

引っ越しなどをして、急に病気になったり、災難にあったりする話を聞いたりします。

 

不思議なことなんですが、方位を見てみると・・やはり良くない方位なんです・・・。

 

「奇門遁甲」は、あなどれませんよ(/・ω・)/

 

「クリスマスプレゼント」、まだ半分ぐらいありますよ(^O^)/!!!