こだわり②

先日、名古屋のとある場所にある料理屋さんに行ってきました。

DSC_1079

オフィス街の中にありまして、大将と女将のお二人で切り盛りする素敵なお店でした!

 

カウンター10人、テーブル二つ4人、6人席の20人ほど入れるゆったりとした雰囲気で、

大将がいままで集めた、お気に入りの器がかざってあり、その器で料理を頂きました!

 

中には、100年以上の前の九谷焼や、ひとめぼれして買った女性陶芸家の器など、

様々な器で、とても美味しいお料理を沢山頂きました(^-^;

DSC_1081

 

お料理も、素材にこだわったシンプルで繊細な味付けで、感動しました。

 

中でも度肝を抜かれたのは、この時期にはありえないぐらい大きな牡蠣(かき)の椀物です。

DSC_1076

東北で養殖している牡蠣なのですが、養殖している所は購入した人でさえも見せて頂けないみたいで、極秘の養殖方法みたいです。

 

その他にも、ひれ肉の中の中央部のシャトーブリアンをレアで岩のような器でいただいたり、

DSC_1082

DSC_1084

一本釣りのキンキを三枚におろして自家製一夜干ししたものを、オーブンで焼いたり、

DSC_1080

日本酒に合う自家製の本当に塩分控えめの塩辛や、

DSC_1075

お刺身も本マグロのいい脂加減のとろ、メバチマグロのとろ、

北海道産のその日の一番良い雲丹、天然のヒラメ、

本カワハギの薄切りに生の肝や、

DSC_1078

写真を撮り忘れてしまった、こだわりの北海道産のシイタケ、名古屋に入ってきた今日一の天然の車エビ、半生のからすみ、半生のくちこ、など・・

そして、フランス料理で使う「白トリュフ」が茶碗蒸しの上に・・すごい香りでした。

DSC_1085

日本酒も「樹グラス」と言う楕円形(だえんけい)のグラスで縦と横で、同じ日本酒の味が変わる不思議なグラスで、色々頂きました。

DSC_1078-1

最後の〆は手作りの漬物に手作り佃煮と、ごはんは鉄釜で炊くこだわりぶりでした。

DSC_1087

(ご飯は・・酔っ払っていて撮影できませんでした。)

六時半から始まって、最後のフルーツを食べ終わったのが・・・十時半。

四時間のお食事でした(*^_^*)

こんなにもゆっくりと食事をしたのは初めてでした!

でも、ぜんぜん長い感じはせず、あっという間に時間が経っていました。

 

また、絶対に行きたいと思う本当に素敵なお店でした(≧▽≦)

 

こだわりの料理と大将にパワーを頂きました(=^・^=)