「十八番」(おはこ)

前にラッキーナンバーのお話しましたよね!

僕は、「18」がこだわるラッキーナンバーって(^.^)/~~~

 

カラオケを歌いに行って、こんな言葉聞いたことありませんか?

「君の十八番歌ってよ!」とか「君の十八番はなんて曲?」

なんて言われたことないですか?

「十八番」(おはこ)とも言いますよね!

 

「十八番」の意味ってこんな意味なんですよ!

 

この、「十八番」は阿弥陀如来(あみだにょらい)さまが仏さまになる修行をしている時に立てられ48種類の誓い(弥陀の48願)の十八番目が「念仏(ねんぶつ)をする人達を救済する」というものであり、これが他の諸仏の立てられた誓いより突出している(すべての生けとし生けるものすべてを救う)ことから、十八番が得意なものの代名詞となったそうですよ。

 

imagesimages-1

ずっと昔から、ラッキーナンバーと言うよりも「縁起の良い」番号だったんですね(^-^;

どこかで使ってみてはいかがですか(^.^)

 

 

ロト6やロト7の番号の一つに入れてみても・・・(*^_^*)DSC_1075-1

・・・いいことあるかもよ(≧▽≦)!!!