「四柱推命」のお話

今日は、十干「乙」(きのと)についてです。

「乙」は、つる草や花を意味するものです。

乙生まれの人は、一般的にスケールが小さく繊細な人が多いようです。

「乙」は「甲」と同じく「木」に属します。