「四柱推命」

2016年6月25日

「四柱推命」(しちゅうすいめい)とは・・・

占う人の生年月日時を暦を使って「干支」になおし、毎年の「干支」、大運(たいうん)と呼ばれている10年単位の「干支」や、通変星(つうへんせい)と呼ばれるものや神殺(しんさつ)と呼ばれるものや十二運(じゅうにうん)と呼ばれるものや調候(ちょうこう)と呼ばれるものなどを使い、その人の一生を占っていくものです。

(けっこうポピュラーな占いですよね。)

DSC_0928-4DSC_0929-4

 

人にはそれぞれ10年ごとに大きな転換期があります。(みんな同じじゃありませんからね。)

生年月日時の中があまり良くないものでも、10年ごとの運が助けてくれる場合があります。

その逆のこともあり得ますが・・・。

 

この「四柱推命」と言う占いは、残酷な占いと言われています。

(良い命式の人は、なかなかいないからなんですよ。)

でも、悪い運が来る時に、どんな悪い運が来るのかわかっていれば、

気をつけて悪い運を軽減する事ができます。

「易者(えきしゃ)に運命なし。」とは、このことからきているそうです。

(それだけではないですけどね!)

DSC_0925-1

 

そして、まだ悪い運が来る前にとか、悪い運が来てても改善する方法はあるんですよ!

そのお話は、次回の占いのお話で(*^_^*)

 

「四柱推命」では、家族関係、仕事関係、恋愛関係、社会との関係性など、様々な事がわかるんですよ!

しかしながら欠点は、一年以上のおおざっぱな占いはいいのですが、短い期間の占いには向いていないかもしれません。

どれだけ短くても、三か月単位(春夏秋冬)までですね。

DSC_1005-1

 

なので、その時の状態や近い将来の占いをするときは「断易」ですね。

このように、使い分けて占いをします(^.^)/~~~

「四柱推命」の簡単な説明でした(^-^;

 

 

次回の「四柱推命」では、少しずつ命式(めいしき)などを、

お話したいと思います。