善光寺参り。①

本日は、日曜日に初めて行きました善光寺のお話です。

 

「牛に引かれて善光寺参り。」

DSC_1002-1DSC_1001-1

こんな言葉、聞いたことありますか?

由来はこの様な内容だそうです・・・

 

「昔、善光寺から東に十里ほどはなれた所に、強欲で信心が薄く、善光寺に一度もお参りしたことのないお婆さんが住んでいました。

ある日、お婆さんが川で大事にしている布を洗っていると、不意に一頭の牛が現れ、角にその大切な布を引っ掛けて走り出しました。

お婆さんは大切な布を取り戻したい一心で牛を追いかけ、遠く離れた善光寺までやってきました。

牛は善光寺の境内に飛び込むと、ふっと姿を消してしまい、そして牛が持ち去ったはずの大切な布は、善光寺如来様の前にありました。牛の正体は仏さまの化身(けしん)だったのです。

お婆さんは、自分を善光寺に導いてくださった仏さまに感謝し、以来信心深くなって極楽往生を遂げたとのことです。

それ以来、このお話は「牛に引かれて善光寺参り」と呼ばれ、広く語り継がれているそうです。」

DSC_0997

 

善光寺信仰は、日本仏教の根本ともいうべきこの仏さまの信仰で、そのため、宗派を超えてすべての人々を受け入れることをしているそうです。(宗派は関係ないみたいです。)

DSC_0994

DSC_0995-1

 

今の善光寺は、十一回焼失して、十二回目の建物なんだそうですよ。

(昔の政治的背景が、あって焼失したみたいです。)

 

あと、善光寺が世界で有名になった事があるんですよ!

何かわかりますか・・・?

 

それは、長野オリンピックの開会を告げる鐘の音として、全世界に響き渡ったそうですよ!

 

ここまでは、行ったことある人なら知っている話だと思います。

ここの善光寺のお話は、まだまだ知ると「へえ~そうなんだ。」と思う話があるんですよ。

また、次回のお楽しみ(*^_^*)